SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
福岡県の行政書士事務所、うめだ法務事務所です。ブログを通して、少しでも法律を知り、興味をもって頂ければ幸いです。
法律に関することだけでなく、個人的なことも書き込む予定です。

行政書士うめだ法務事務所

<< 行政書士業務1 | main | 行政書士業務3 >>
行政書士業務2
0
    おはようございます。


    先日、福岡法務局に行き、司法書士試験の願書を出してきました。

    受付最終日で、締切1時間前に滑り込み(笑)


    どうやら、福岡での出願者数は1060人くらいです(^^)

    試験会場は、今年も福岡大学!母校なのでよかった!

    ただ、緊張感がないんですよね〜

    授業受けてた教室で試験問題を解くので…

    追い込み勉強をしていきたいと思います(>_<)


    さて、今日は前回の続きです。
    行政書士業務△箸いΔ海箸如∈2鵑
    『相続手続き』です!


    残されたご家族が困らないように専門家の視点から相続についての相談を受け、相続財産の調査や遺産分割協議書の作成を行います。

    具体的には、
    相続財産目録作成
    相続人の確定
    預貯金払い戻し・名義書換遺産分割協議書作成

    です!


    今回の相続手続きは、人が死亡した後の手続きになります。

    前回の遺言書作成サポートは、生前の業務です。


    今回の業務というのは、遺言書がなかった場合に行うことになります。

    遺言書があれば、原則としてその内容通りになりますが、遺言書がなければ、相続人間で『遺産分割協議』というのを行い、

    どの財産を誰が取得するか
    を決めて、行政書士が『遺産分割協議書』を作成します。


    よくあるのが、

    亡くなったおじいちゃんの土地が見つかった!!

    どうしたらいいですか?

    という相談。


    遺言書がなかったんでしょう。亡くなって数年後に見つかったパターンです。


    この土地の名義は、おじいちゃんのまま。


    この土地を処分するには、相続人全員で遺産分割協議をしなければなりません(>_<)

    つまり、おじいちゃんの相続人全員を探し出して、『この土地の処分』を決めなければならりません。


    相続人を探すのは、大変です。
    孫やひ孫がいれば数十人になることもあります。

    ある人は北海道、ある人は沖縄、ある人は海外なんてこともあります…


    相続人が確定したら、全員と協議し、その結果を私たち行政書士が文書で作成します。

    この文書があれば、不動産の名義変更ができるようになります。

    ちなみに、この土地の名義変更の手続きが司法書士の業務なわけです。



    他にも、
    旦那さんが亡くなった!旦那の通帳からお金がおろせない!

    人が亡くなると、その人の預金通帳は凍結します。

    つまり、誰もお金をおろせなくなります。

    この場合、遺言書がなければ、相続人全員で遺産分割協議をし、その協議書を銀行に持って行けば、お金を払い戻したり、名義書き換えができます(^^)


    こういった感じで、遺産分割協議書は、非常に重要です。


    こういった、時間もお金もかけないようにするのが大切!遺言書があれば、こいいった問題は起こりにくいです。


    遺言書が見つかった場合でも、手続きが分からないときは、行政書士が『遺言執行者』となり、遺言書の内容を実現します。
    (※家庭裁判所に申し立て遺言執行者に選任してもらう必要があります)


    以上が相続手続きです(´∀`)



    さて、前回のブログに、以下の問題を出しました。


    友人にお金を貸した場合、何も請求しなければ、5年経つとお金を返せ!と請求することはできない。○か×か?



    正解は…

















    ×です(・∀・)ノ


    『時効』って言葉は、聞いたことありますか?


    時効とは、一定の事実状態が継続した場合に、その状態に合った権利を確定する制度です。


    簡単に言うと、お金を貸して、ずっと請求しない場合は、その状態を認め、もはや請求できないようにする!というものです!

    このように、一定期間経過することで、権利が消えるものを『消滅時効』といいます!


    民法に以外のように規定されています。



    民法167条
    〆銚△蓮10年間行使しないときは、消滅する。


    債権とは、簡単に言うと、人に請求する権利です。


    友人にお金を貸した場合、10年間請求しないと、返せ!という権利は消滅します。

    なので、皆さん、10年経つ前に請求しておきましょうねヾ(=^▽^=)ノ


    今回内容が長くなったので、次の問題は、次回出題します(^^)v
    | - | 10:26 | comments(2) | - |
    コメント
    福大のどの教授よりもわかりやすいと思いました。
    | 平川 | 2014/05/24 5:10 PM |

    ありがとう!そう言ってくれると嬉しいよ(^-^)
    | うめだ | 2014/05/24 11:25 PM |

    コメントする